院長挨拶

ご安心ください。
治療家や鍼灸師も推薦する施術で痛みの緩和に加え、痛みを繰り返さない体づくりをサポートします。

院長 小澤敏也(おざわ としや)

「健康寿命の向上への架け橋」として、
貢献していきたいと考えています

私は中学生からバスケットボールを始め、足の捻挫や突き指、膝の不調や、誤ったトレーニングによるアキレス腱炎など様々な怪我や不調を繰り返してきました。

特にアキレス腱においては、当時、その後のケアを軽視したいたため、アキレス腱断裂という事態となってしまいました。

学生時代にしっかりと現在地(体の現状)を知り、適切に管理していたり、そのまま大人になったとしても、運動強度など判断できる知識やアドバイザーがいればこうならなかったと思います。

これは、腰痛や、肩こりでも同様で、現在地(体の現状)を知ることはとても大切です。

ゴール(理想の将来像)があっても現在地(今)がわからないと、どれだけの距離(ギャップ)があるのか、どんな道(方法や手段)があるのか、どんな弊害があるのかわかりません。

何もしないというのは現状維持ではなく、今までの生活に「違い」を作らないと、筋力は低下して、関節の動きも悪くなり、同じ生活でも負担は増えていきます。

さらに血流も悪くなり、お身体の状態は回復しにくくなっていきます。
結果、身体にかかる負担は凝りやストレスとなり、自律神経を不安定にします。

そうなると身体の機能が低下し、「筋肉の状態がよくない」という疲れから、「身体が良くなりにくい状態」になってしまうのです。

私は一人でも多くの方に、お身体の「現在地」を知っていただき、理想のゴールへ向けて、今、何が必要なのか、どんな事ができるのか、一人一人のライフスタイルに合わせた「違いづくり」を応援したいと思い開業しました。

医療従事者として、身体にかかる負担を減らし、ストレス軽減、自律神経の安定、体内機能の向上による身体作りから、地域の皆様の健康寿命の向上を通して、地域貢献、社会貢献していきたいと考えています。

略歴 埼玉県立坂戸高等学校卒業
日本工学院八王子専門学校健康スポーツ科学科卒業
さいたま柔整専門学校卒業
取得資格 ・厚生労働省
柔道整復師免許取得
・日本スポーツ協会
スポーツプログラマー取得
ジュニアスポーツ指導員取得
・健康づくり財団
健康運動実践指導員取得
・日本赤十字社
赤十字救急法救急員取得
勤務実績 ・整形外科クリニック(3院:7年勤務
・整骨院(3院:8年勤務
・前職:(株)くまのみ  (4年勤務)
サブマネージャー、エリアマネージャー、分院長兼任
・なないろ整骨院 開院
趣味 釣り、家庭菜園、男料理、スノーボード、バスケットボール、他
マイブーム 健康のためのジョギング
性格 おだやか
血液型 A型
身体作りを通した健康寿命向上による地域への社会貢献を形にすること
座右の銘 流水刻石
休日の過ごし方 家族サービス
患者様への想い 「健康は笑顔と共にある」
健康は単に身体的な健康だけではなく、社会的にも、精神的にも健康であることだとされています。
身体に不調があるときは、いつもと同じような周囲とのかかわりを持つのは困難な時があります。
反対に、いい状態であるときには自分もその周りの方も笑顔で、その笑顔はまた周りの人を健康にしてくれます。
私はその笑顔づくりをお身体のサポートを通じ貢献していきたいと考えております。
MENU